第31回リード・ジャパンカップ愛媛大会

第31回リード・ジャパンカップ愛媛大会

【各県より2名ずつペアになり出場しています。
マイナビクライマーズからは、尾上、廣重、小武、波田選手が出場しました。
◆日時:平成29年10月1日(日) ~ 10月3日(火)
◆場所:石鎚クライミングパークSAIJO、西条市西条西部体育館特設会場

福井県より、尾上・廣重ペア
  • ボルダリング:優勝 リード:優勝
  • (成年女子ボルダリング・リード:18都道府県より出場)
北海道より、小武・萩原ペア
  • ボルダリング:4位 リード:4位
  • (成年女子ボルダリング・リード:18都道府県より出場)
埼玉県より、波田・是永ペア
  • ボルダリング:4位 リード:3位
  • (成年男子ボルダリング・リード:47都道府県より出場)

第31回リード・ジャパンカップ愛媛大会

【尾上 彩 選手】

久しぶりの国体、そして幸紀ちゃんとペアになるのは初めてで、愛媛に行く前からとても緊張していました。
しかし、競技中に声を掛け合いサポートし合ったことで、お互いが普段以上の
力を発揮することができ、今回の優勝に繋がったと思っています。
まだまだ改善点はあるので、今まで以上に一緒に練習する時間を増やし、
今年の福井国体に向けて再びスタートしたいと思います。
応援していただき、ありがとうございました!



【廣重 幸紀 選手】

今シーズン最終戦ということで、しっかり調整し気合いを入れて挑みましたが、
彩ちゃんと挑む国体、良いパフォーマンスをしたいという思いから、とても緊張していました。
結果的には両種目とも優勝することができましたが、あまり自分の納得のいく登りではありませんでした。
特にボルダーの決勝課題は一完しかできず、悔しい思いでいっぱいです。
リードは決勝ルートが自分のタイプに合っていたので、実力通りの登りではありましたが、
もっと力強い登りがしたかったです。
今年は福井国体が控えているので、反省をいかして頑張ります!