クライミングワールドカップ ボルダー 中国 南京大会レポート

【杉本 怜 選手より】

ワールドカップ第3戦目、南京大会に出場してきました。
週末は好天に恵まれたのは良かったのですが、気温は30度近くまで上り非常に厳しい戦いとなりました。
尾上は、準決勝では、3人しか完登を許さなかった第2課題を見事2トライで完登し、5位で決勝進出。
第1戦目のスイス、第2戦目の重慶大会での鬱憤を晴らすかのような集中したトライを見せました。
小武は、準決勝では昨年も決勝進出している相性の良い中国戦とあり、
安定した登りで2完登を決め、2位で決勝進出。
杉本は、今まで中国戦は一度も決勝進出をしたことがなく、
苦手意識があった大会でしたが、準決勝最終課題を残り2秒で完登し、5位で決勝進出。
男女それぞれ6名のみが決勝戦へ進むことができますが、
なんと、マイナビクライマーズ全員が決勝進出という快挙を成し遂げました!
決勝も3選手とも健闘しましたが、表彰台には及ばず、尾上5位、小武6位、杉本6位でした。
次回の第4戦日本八王子大会に向けて、皆の調子が上がってきているのでしょう!
次戦はこの3人に加え、マイナビクライマーズ波田、戸田も参戦します。
みなさん八王子戦も応援よろしくお願いします!!

次回のワールドカップボルダ―第4戦日本八王子大会報告は、波田悠貴選手より予定しております。