クライミングワールドカップ ボルダー 中国 重慶大会レポート

【小武 芽生 選手より】

今回のワールドカップボルダ―第2戦重慶大会には、
マイナビクライマーズの杉本怜、尾上彩、小武芽生の3名で出場しました。
マイナビクライマーズは、前回の第1戦スイスマイリンゲン大会と比べると、
全体として、あまり良い結果ではなかったように思います。
それぞれが悔いの残る大会となりました。
次回、第3戦南京大会にも、同じメンバーで出場予定ですので、
マイナビクライマーズの出場メンバー3名がより良い結果が残せるよう、
皆で頑張っていきたいと思っております。
個人的には、重慶大会は、昨年4位で思い出深い大会です。
しかし、今年は、予選は通過しましたが、準決勝はまだまだやりきれない状態で終わりました。
今後、2週連続でワールドカップボルダ―第3戦南京大会、第4戦八王子大会と続くので、
引き続き改善しながら頑張りたいと思います。
次回のワールドカップボルダ―第3戦南京大会報告は、杉本怜選手より予定しております。
引き続き、マイナビクライマーズをよろしくお願い致します。